はい、2か月ちょっとぶりです…。

近況としては、ヒューザをネザもサブも終わらせて、
ノリで今は七不思議を巡ってます。現在首長竜と雪女のみ。
今は幽霊列車を待ってますがはてさて…。
↑書いて顔上げたら列車走ってました危ない。そしてセーフ。



ここから下は1stディスクのネタバレになりますので、
・グレンキークエ
・ガートラントキークエ
・1stストーリー
・メギストリス配信クエ
・とにかく1stディスク

が、終わってない方はこの先はお読みにならない方がいいかもしれませぬ。
何卒よろしくお願いいたします。









以前、というかもう1年前に書いた記事で、
ガミルゴの盾についてほんのちょこっとだけ触れたことがあったのですが
それについての捕捉を備忘録的に残そうと思います。

まず、書いた記事がこれ
盾が扉のようだとかあれこれ話してましたが。
最近サブでリプレイしていて気になる発言を目にしました。
やりなおしの宝珠を初めてもらう「闘神ラダ・ガートの誓い」で
ディウに護符を作ってもらう時の『昔話』…。


 むかーしむかしのことじゃ……。
 このオーグリードの大地に
 突如 大きな穴が 開いたそうじゃ。

 穴からは 紫色の霧が 天まで噴き出した。
 それは 触れたものを魔物に変えてしまう
 恐ろしい恐ろしい霧じゃった……。

 そんな時 勇ましい王が 巨人となって現れた。
 そして その身の丈に合う 巨大な盾を
 もちいて 霧の噴き出す穴を ふさいだのじゃ。

 オーグリードの大地は 救われた。
 だが 大量の霧を浴びた王もまた
 すでに 魔物に姿を変えつつあった。

 王が 自らの身に何をしたのかは 誰も知らぬ。
 だが 勇ましい王は 最期に
 その身を石に変え 果てたという……。



ディウさん、それ地味にすごい話なんじゃ…。

まず、紫の霧は魔瘴と考えてほぼ間違いないであろう、と。
それがオーグリードに溢れ出て…王が巨人となり、盾で塞いだ…?
ガミルゴの…盾…?

500年前にガミルゴと会った時、彼はグレンの王だったわけですよね、
あの当時はガートラントという存在自体があるかどうかも不明だったわけですが、
フォステイルがランドンクイナの羽を欲していたし、パルカラス王国(メギストリス)が
存在していたことを考えるとガートラントもあったと考えたい…。


のですが。

がとらn

こちらはガートラントの出口から出て城下町&城のある岩壁をぐるっと廻った真裏。
座標で言うとD7あたりですね、そこにぽつんと立札があります。

ここにはこう書かれています。

 皆に 平和で豊かな暮らしを送らせるため
 ラダ・ガートは この巨大な岩 父祖の眠りし岩を
 拠点に 魔物と戦い 国を造ったと言われている。



……
オーガ、岩になりすぎか。



パラディンが本気で他人を護った時岩になっていたわけですが、
ガミルゴは王だし…。
盾はゲルト海峡にあるし、
20131021-2244_99232908

『岩になったガミルゴ』らしきでっかいオーガも見えてるんですよね…。
でもこれだとたてまじんサイズかな、盾…。

盾だけここにあって、大穴は盾によって今も塞がれていて、
なんとなーく職人さんたちがうまいことオーガの彫刻を周囲の岩に施したんですかね。


盾で魔
瘴の流入を防いだのち、魔物へと変化しようとする巨人ガミルゴは
グレンを守るべく、意思のあるうちにその地とは逆へと進み、
現ガートラントの地にて巨大な岩へと変貌…
その後、既に流れ込んだ魔
瘴によって増えた魔物を、
父祖の眠りし岩の下で退けたラダ・ガート(ということはグレン王家の子孫?)によって
新たにガートラントが生まれる……





という妄想。あくまで妄想。

ちょっとガトランの歴史についてはもうちょっとうろうろして探してみよう…。